ページ コンテンツ

the foreigner

『ザ・フォーリナー/復讐者』という映画を見た。
内容はテロで娘を失った父親が、犯人を探しだし復讐するというものだ。

ここから先はネタバレを含みます**

家族を殺害された遺族の中には、主人公のクワンのように犯人に復讐したいと思っている人もいるだろう。
これは当たり前の気持ちだと思う。
通常私たちがモノや食べ物を消費するとき、対価を払う。お金を借りれば利子までつけて返さなくてはいけない。
殺人犯というのはよほど残忍性がなければ死刑にはならない。無期懲役にもならない。海外であれば死刑自体を廃止している国もある。
冤罪の可能性や過失なのか故意なのか、不可抗力なのか色々な場合があるだろうから、仕方がないとは思う。

ただ現行犯で殺意があっても思った以上に軽い刑罰で済む例もあるだろう。
その場合、一時的に自由が制限されるがそれが奪ったものと釣り合いがとれているのだろうか。私には甚だ疑問である。
お金やモノであれば同等の価値があるものを返すことができる。しかし命は返ってこない。
取り返しのつかないものへの代償が時間といえばそうなのだが、時間だってある程度はお金で買えると言えよう。

未解決だった事件を解決したドキュメンタリーで遺族へインタビューシーンがあるが、犯人を捕まえることだったり、死刑制度のない国で極刑を望むといった回答があるが、本心ならば非常に先進的な人だなと思う。
自分が家族を殺されたら、犯人やその家族には生まれてきたことを後悔するようになるまで苦しめてやりたいと思うだろう。

またこの映画のタイトルにもなっているが、主人公が外国人であることも何かのメッセージだと感じる。ただの復讐劇を描きたいのであれば、別に外国人ではなくてもいい。
主人公が壮絶な過去を経験し、なんとか生活をしているなかでの悲劇であったという復讐する強い理由づけをしたかったからなのか、外国人が だからという理由で様々なサポートを受けられないということを強調したかったからなのか。

クワンはそれまでの経緯もあり、またいわゆる無敵の人になってしまったことから、それを実行に移す。
クワンは復讐を終えてもクワンの表情はずっと晴れないままで映画は終わる。
それでもクワンの帰りを待っていた人がいたことが唯一の救いだった。

氏か育ちか

『実力も運のうち能力主義は正義か? 』(マイケル・サンデル著)という本があるのを知った。残念ながらまだ読めていないが、岡田斗司夫さんが解説をしている動画がYouTubeにあげられている。
本書は平等を理想としてきた世界が採用した能力主義によって生まれた分断を指摘している内容のようだ。


解説動画ではエリートたちの傲慢さは功績があげられたのは、自分達の努力の賜物である。だから、他の人たちが成果をあげられないのは努力不足だからである。という見方が根底にあるとしている。
しかし岡田氏は生まれもった努力では越えられない壁があり、さらにそもそも努力できるかどうかは努力できる遺伝子があるかどうかであるということを自身の運動能力と140kmで野球のボールを投げるティモンディ高岸さんを比較し述べている。

ここで私が気になったのは犯罪をおかしてしまうのも生まれもった遺伝子によるものだろうか。
ある不良少年が素晴らしい先生に出会って改心した。というよくある話も、その先生に出会って、今までの自分の振る舞いに気付ける能力も生まれもったものではないだろうか。どんなに素晴らしい先生に出会っても、改善できない人はできないだろう。

とすれば犯罪や非行に走るまたは走りやすい遺伝子、攻撃的な性質というのは存在する気がする。

言ってはいけない』(橘玲著)や『遺伝子の不都合な真実』(安藤寿康著)の著書によれば私たちの行動の一つ一つが遺伝子の影響を受けているという。どの程度の影響なのかと言われれば、少なくないといえるようだ。しかし、たとえば遺伝によって疾患しやすい病気があるのなら生活習慣を変えることで対策できる。としている。

果たして本当にそうだろうか。習慣を変えるというのは容易いことではないと思う。
現在の習慣だったり、考え方のクセを取得した過程がすでに遺伝子の影響のように思う。

結局のところ、人間は遺伝子に支配されているのではないだろうか。ある意味、私たちの思考すら運命であり、神の意思(遺伝子の意思?)であり、私ができることはないのかもしれない。

いずれにしても遺伝がどのように人生に影響を及ぼすのか、研究や実験結果に今後も注目していきたい。

入国管理での死亡事件

名古屋出入管管理局で拘束中の外国人が失くなった。
留学で在留資格を取得したのち、不法残留となり収容されたようだ。

入管職員達は不法残留という法を犯したから、あそこまでひどい扱いをしたというように見える。犯罪者だから、命を軽視した扱いをしていいのか。
それは第二次世界大戦中、ユダヤ人や戦争捕虜に対して人体実験を行っていた当時のドイツや日本と同じことだ。
日本は今もあの時のまま法だけが代わり、なんとなく人権という言葉が出現しただけで、結局人を拘束したりする側の国だったり、国の人間は何も変わっていない。これは国家ぐるみの殺人であるといっても過言ではないと思う。

そして、調査も死因が特定できず、難航しているようだ。もっともそれはおそらく国が記録を改竄・隠蔽しているからだろう。
私は高度経済成長の遥か後に生まれたが、あの時代の日本はすごかったというのも嘘なんだろうな。頑張ってきたのは国民だけで、政府はまた数字を改竄し都合の悪いことは隠蔽する。そういうことをしてきただけなんだろう。オリンピックを通して世界の国が日本に対して嘘つきの国だと、そのように抱いてくれれば、ある意味成功である。世界の国から責められて政府がようやく自分達のやり方が不味かったと気づくきっかけになるかもしれない。内外からの信頼なんて無いことにようやく気づくかもしれない。

すべてを奪われても残るもの

今回も前回に引き続き、『死別の悲しみに向き合うグリーフケアとは何か』から。

たとえつかの間のユーモアでも人に希望をもたらすということだ。どんなに大きなものを失っても、すべてを失ったわけではない。私たちは明日も生きていけるし、事実生きていくのだということをユーモアは力強く語りかけてくれるのだ。

ビクトールフランクルの著書『夜と霧』でも第二次世界大戦中に強制収容所で生き延びた人とそうでなかった人を分けたもの、これが希望ということだった。収容所で少ないパンを他人から奪う人もいれば他人に与える人もいたそうだ。どちらが希望もって生き、生き延びる可能性が高かったのかは言うまでも無いと思う。 ここでいう希望とは、単なるこうあってほしいという欲求ではなく、意味や目的と言い換えることができるだろう。

生きる意味や目的を持てた人はどのようにして持てたのか。それは自分が主体となり期待するのではなく、人生や他の誰かがが自分に対して期待していることは何かと問うことだという。

私は友人が事件に巻き込まれ、すぐ隣にいた人が生き延び、友人が亡くなった差についてはどうしようもない逃れることが出来ない運命というものをずっと感じていた。

そして、犯人が犯行に及んだ過程についても、仮に犯人の家族を含む周囲の人間の悪い影響や、オーストラリアの法律、司法の判断など様々な要因が重なった結果であり、それぞれが避けられないものだった思っている。

しかし『夜と霧』ではたとえすべてを奪われても、自分の行動は自分の意志で決めることが出来る。という強いメッセージを感じる。

仮に犯人と全く同じ人生を歩んだとしても、犯人のように自暴自棄になって薬物に染まらず、他人を傷つけない人もいるだろう。フランクルのように家族を失いながらも、収容所を生き延びた人々のように。

自分が絶望の中にいる時こそ自分の本質が見えてくるものだと思う。

自分が人生から期待されていることが何なのかは、自分にしか答えることはできない。残念ながら、友人を殺した犯人は薬物と暴力をもって答えた。

我々はどんな答えを出すだろうか。

Give sorrow words

以前にも紹介した『死別の悲しみに向き合う グリーフケアとは何か』という本の中で、死別をしたときに必要なこと役に立つことが記載されており、恐れながら私も共感したことを紹介させていただこうと思う。

 

 

 

・悲しみには期限はない。

時間が経てば少しずつ気持ちに変化は生じるが、大切な人を失ったのだからたまたま訪れた店内で故人の好きだった楽曲が流れていたり等、些細なことがきっかけでふと悲しみが蘇ることはごく自然なことであると思う。

 

立ち直ることを期待する周囲の声もあるだろう(もちろんけっして悪意はないことと思う)が、そのような人は同じような死別を体験していないはずだ。もし同じような体験をしていたのであれば、とてもではないがそんな言葉はかけられないと思う。

むしろこの悲しみは一生ついて回ると覚悟を決めたうえで、どのように付き合っていけば、少しでも楽に日常を送れるのか思索するべきだと思う。

 

・自分を責めない

ついついこうすればよかったとか、ああすればまだ生きていたかもといった後悔や心残りが募り、自分を責めてしまうこともある。

私も亡くなった友人に留学を勧めてしまい、その留学先で殺害されたことは一生後悔をするだろう。一方で、彼なら私が何も言わなくても自分で自分の歩く道を切り開くため、いずれにしても海外へ行っただろうとも思う。

それに振り返ってみると、その時点では最善な行動だった。それは故人に対し、もっとこうしてあげればよかったと考えている方も同じではないだろうか。

仮に本当に良くないことをしてしまったとしても、同じくらい良いこともしてきたはずだと思う。人間であれば、相手にとって良いことも悪いこともするが、自分を責めている限りは、悪いことばかりに焦点が合ってしまい、負のスパイラルに陥ってしまう。

 

・書いてみる/手紙を書く/仏壇の前で

私もカウンセリングをうけたりお坊さんに話を聞き行ったりしたこともあるが、自分の本当の気持ちを誰かに伝えるのは意外と難しいし、自分が本当はどう感じでいるのかもわからず、なんだかもやもやした地に足が着かず浮いたような気持ちでいる時もあるだろう。

そういう時は紙に書き出してみたり、故人にメールを送るような気持ちで手紙にしたり仏壇の前で声に出さなくても話しかけ見たりするのもいいかもしれな


私は仕事で最初のとっかかりを付けるのには紙と鉛筆で図にして考えるように教えられた。そうすることでもやもやした段取りのイメージから自分の現状、把握している事していない事がわかり、では次にどうすればよいのかを考えることが出来る。

 

今回の記事のタイトルは先に挙げた書籍でも紹介されているが、シェイクスピアの『マクベス』でのセリフで、悲しみに言葉を与えよという意味である。この後「捌け口を鎖された悲しみが、うちに溢れれば、ついには胸も張裂けよう」と続く。

遺族にとっては思い出したくないことが次々に蘇ってきて、きっと簡単なことではない。しかし向き合わなければ、先ほどの仕事の例ではないが悲しみや罪悪感、怒りといった感情がもやもやしたまま心に付きまとい続ける気がする。

 

 

一番辛い経験

静岡県熱海で豪雨によって土石流が発生し、死者安否不明者が多数でている。
亡くなった方には心からご冥福をお祈りします。

友人がオーストラリアで殺害された時に遺族が対面したとき、歯は欠けて、痣だらけ、擦り傷だらけ、耳から体液が出ていた等酷い外傷だったようだ。さぞ痛かったことだろう。それでも身元を判別するために誰かが遺体を確認しないといけない。

今回も遺族の方がきっと遺体を確認していることと思う。どれだけの痛みや苦しさがあったのか、想像するよりも如実に感じられることだろう。なぜこんな目に遭わなくてはいけなかったのか…。そんなことを考える方もいるだろうし、傷ついた外見が一生頭から離れないこともあるかもしれず、一番辛い経験かもしれない。

エーリック・リンデマンの研究によれば、突然大切な人を亡くした人は急性悲嘆とされ、心身症心理的要因となりうるとしている。声を掛けられずとも寄り添い、肩を擦ってくれる人がいることを願う。
同研究によれば身体的苦痛、死者のイメージに心を奪われること、罪責感、敵対的反応(怒り)などといった反応は起こりうるとされているし、それ以外にも冷たい感情ややけくそになったり卑屈になったりなど、することがあるかもしれない。それは悲嘆の経過でありそのような感情を抱いた自分に驚くことがあるかもしれないが、それは当然だろう。それだけのダメージを受けているのだから。自分を傷つけることはしないでほしい。
大阪大学の論文のデータベースでリンデマンの著した論文を読むことが出来る。その論文では火災で亡くなった方の遺族への取材をもとにいくつかの例が挙げられている。

また今回は、過去に盛り土を実施した土地が流されたということであるが、その盛り土量が申請内容と乖離していたり、行政はその業者に対し、指導のみ実施し法的な措置を講じなかったとされている。以上のような人災な面も取り上げられている。
このようなことがある度に、不幸な出来事というのは法的な問題、人々の判断の問題が必ず絡んでくると感じる。
 

覆水盆に返らず

故意に殺人を犯した人間、他人の人権を奪った人間が人権によって司法に守られていることに矛盾を感じる。
冤罪による被害を減らすためには、適正な手続きをふむというのは必要かと思うが、現行犯の場合は一考の余地はあるのではないか。もちろん正当防衛や虐待を受けていた等の背景にも考慮するという前提だが。

人の命は亡くなったら、どうあがいても返っては来ない。

オーストラリアで殺害された友人の兄は外国人ということで、距離的な問題から金銭以外の指支援を一切受けられないこと、そしてその支援金(自動車による死亡見舞金:免許証代や違反による罰金から成る基金と市民の寄付金)も内訳の限りでは外国人の死亡に対しての純粋な弔慰金は一切出なかったことから、州首相に問い合わせの手紙を書いたそうだ。
受け取った返事の内容には、人の命はお金では測れません。と記載があったそうだ。お金では測れないから一切の弔慰金が支払われなかったのだろうか。
ある記事によれば、オーストラリアではVSL等の手法を用いて命の値段をつけているようだ。ということは、将来的に国に貢献しない可能性のある外国人には、測れないのではなく、価値がないということになるだろう。

所持品については証拠品として回収されるため、そのモノと同等の金額は返してもらえたようだから、一応そのようなルールがあるのだろう。

また遺体の確認・回収のために遺族は現地に呼ばれたが、渡航費はその支援金から出たとのことだから、自動車よる死亡ではなく、また一人しか殺害されておらず小さな事件として処理されてしまっていたら、支援金や寄付金は一切貰えず、渡航費、滞在費すべて実費で賄わなければいけなかったのだろうか。

日本からは海外で殺害された遺族の方には弔慰金が払われるが、海外に行く人は万が一に備えて、自分がその国で死んだ場合の手続きや適用される法律を調べて、必要に応じて滞在中の保険に入っておくことだ。
友人の遺族も外国人ということで、逸失利益を請求する裁判も起こせないようだ。

留学などでは都市部への訪問は魅力的だが、移民が多く、その移民や移民2世が多くの犯罪を犯しているし、他人を平気で傷つけることができる。殺人や薬物に対する抵抗が少ない。
もちろんそうではない移民というのもいるだろうが。犯罪に簡単に手を染める移民にはある傾向というか系統があるような印象だ。
あくまで主観的なので信憑性はないが。
海外へ行くときは通りすがりの人間に理由もなく、いつ殺されてもおかしくはないとの心構えを持ったほうがよい。
自分で自分の身を守らないと。特に外国人には冷たい国では。